幹事も悩む宴会の席順の選び方を徹底解説

幹事も悩む宴会の席順の選び方を徹底解説

上座・下座とは

まず初めに、「上座・下座」という言葉すら初めて聞いた、という方の為に説明します。

「上座」とは役職の高い方やその会の主賓等が座る席です。席の位置でいうと、入口から見て一番奥の方になります。逆に「下座」というのは役職の低い人…と捕らわれがちですが、基本的には幹事が座ります。席の位置は一番入口に近い席になります。

座って見るとわかるのですが、「上座」といっても入口が遠い分トイレに行きずらかったり、廊下の様子が丸見えだったりと、座り心地が良いものではありません。では、何故そんな所が「上座」になったかというと、昔の風習がそのまま引き継がれているからです。時代劇などを見るとピンと来ると思いますが、偉い人は必ず奥に座っています。万が一侵入者が来た場合にそこまで辿り着くのに時間がかかるからです。逆に「下座」に座っている人達は偉い人を守る為に入口付近に座り、侵入者を妨害するのです。

この様に昔の風習を今も尚根強く引き継いでる席順は、社会のルールとなっている為、知っておかなくてはなりません。

宴会の席順で上座・下座がわからない場合は?

最近の居酒屋や宴会場ではパッと見では上座や下座の判断が難しいお店もあります。わからないのに勝手な思い込みや判断で「上座・下座」を決め付けてしまい、失敗してしまうこともありますので、わからない場合は素直にお店の方に相談する様にしましょう。

席順

「上座・下座」は説明しましたが、一番偉い人を「上座」、幹事を「下座」に座らせれば大丈夫…という風な単純明快な話ではありません。その会の二番目、三番目と役職に応じて座る順番があります。

更に、皆さんも読んでいて疑問があると思いますが、全ての宴会場が同じ作りという訳でもありません。座敷席もあればテーブル席もあります。それらによっても席順は変わって来ますので、オーソドックスな形での席順を紹介していきます。

大勢での宴会の場合に、役職の方々を一番前に横一列に並んで貰い、それ以外の社員は下座側に座るという事があります。そのような場合は真ん中にその会での一番トップの方に座って貰い、向かって右側に二番目に偉い方、左側に三番目に偉い方の順で後は右側、左側…と並んで貰います。

 

主賓がいる場合

主賓がいる場合はその方を一番上座に座って貰いましょう。そして、主賓を囲む形でトップから順に座って貰います。つまり、主賓が一番偉いという判断になります。

 

役職以外の席の決め方

少人数の宴会であれば上座から下座まで役職順に座って貰い、後は年功序列で座っていって貰うのが基本的なマナーになりますが、大宴会だと人数も多すぎて、全員の年齢を把握できないといった場合もあるも思います。そういった場合にはどうやって席順を決めたら良いのかを紹介します。

・自由席

思い切って自由席にするのも手段の一つです。せっかくの宴会ですから、社内でも気のしれた仲間と飲みたいという声もあるかと思います。前列の上座席だけ席札を立てて、後は自由に座って貰うやり方もあります。

ですが、この時に気を付けないと行けないのが、社内でも周りにまだ馴染めてない新人社員や、宴会場に遅れて来た人がいる場合に、余った席に座るはめになり、宴会の最中に中々話に入れないという事があるという事です。「遅れてくる方が悪い」と厳しい意見もあるとは思いますが、幹事であれば、参加者全員が楽しめた方がいいですよね。そういった場合には以下の別の手段を選んでみてください。

・あいうえお順

社員の名簿をリスト化し、「あいうえお順」に座って貰う事で不公平感無く、座って貰えます。あまり仲の良い人が近くにいなくても、宴会と言うことで親睦を深める絶好のチャンスとなります。

・くじ引き

こちらも不公平感無く座って貰える手段です。「あいうえお順」だと、一人一人の席札を用意しなくてはなりませんが、こちらなら番号を書けばいいだけです。ですが、くじを用意する手間も伴ってきます。

・来た人から奥に座って貰う

宴会には仲の良いグループで固まってきたりする場合がある為、来た順に奥から詰めていって貰うことで、自然と話しやすい人達が固まる事があります。ですが、こちらも「自由席」と一緒で、単体で来た人が浮いてしまう事も理解しましょう。

 

【席順は超重要】宴会を盛り上げる為に

上座以外の席の決め方は説明しましたが、ちょっと席を弄る事で、宴会が更に盛り上がるようにする事ができますので紹介します。

宴会部長を各場所に混ぜる

何処の会社にも盛り上げ上手な「宴会部長」と呼ばれる元気のいい人がいると思います。そういった人を各場所に配置する事で、宴会を盛り上げる手助けをしてくれます。

 

女性を各場所に混ぜる

「あいうえお順」や「くじ引き」で席順を決めた際には自然とそうなる事もありますが、女性が要所要所にいる事で華となり、場が盛り上がることがあります。

ですが、一つ注意しなくてはならないのが、社内の雰囲気や女性社員の人数です。社内で普段女性社員との接点が無い場合、いきなり宴会で男性社員に囲まれても萎縮してしまう事があります。更に女性社員の人数が極僅かであれば引き離してしまうのも可哀想な場合があります。そのような時は逆に女性社員だけで固めてあげるのもマナーとなってきます。

 

席順はいつ決めればいいの?

席順を決めるタイミングですが、案内を出して出席者が明確になってからでも構わないと思います。出欠によって人数も変わってきますし、参加者が不明確であれば席順を決めようがありません。

但し、余裕を持って席順を決める為にも、案内を出す際には出欠の締切を最低でも当日の1週間前にしましょう。宴会場によっては前日までに人数がハッキリすれば…という所もありますが、前日に出欠の締切をしてしまうと、全ての段取りがバタバタになってしまいます。なので、余裕を持って全ての段取りを出来る日を出欠の締切に選定、ゆっくりと確実に席順を決めていきましょう。

席順を紙に印刷して配らなければならない場合にもこれと言った期限はありません。慌てて作って間違った席順を早めに配るよりはきちんとした席順を決めて、二日前や前日に配った方がいいです。

もし席順が心配であれば、席順が決まった時点で直属の上司に最終チェックをお願いして、確認してもらいましょう。

 

まとめ

席順は宴会を楽しく始める上でかなり重要なのと共に社会人としてのマナーを試されます。

脅すわけではありませんが、間違った席順は、頼まれた飲み物を間違えたり、料理が少ない等の失敗と比べ物にならない位の大失敗となってしまいます。下手をしたら、これからの社内生活に大きく響く場合もあります。そんな大失敗をしない為にも最低限のルールやマナーを知ることは必要です。

直属の上司に相談…というアドバイスも書きましたが、上司に相談しずらい場合は宴会場の方に相談しましょう。宴会場の方々はその道のプロな為、丁寧に教えてくれる事間違いないでしょう。

宴会の幹事は決して背伸びをする必要はありません。重役が沢山来席する宴会であれば尚更です。

最低限のルールやマナーを学び、それを基準に席順を考えてみてください。

席順で成功すれば、後は楽しい宴会を盛り上げるだけです。