できる幹事はこうする!宴会の景品を選ぶときのポイントとは

できる幹事はこうする!宴会の景品を選ぶときのポイントとは

 はじめに

宴会の幹事を任されてしまったそこのアナタ。上司に指名されて気が重くなっていませんか?
「何か気の利いた景品を用意しろ」
なんて言われて途方に暮れていやしませんか?
大丈夫です。宴会の景品についてはグルメプラス編集部にお任せ下さい。

宴会の景品とは心遣いである、と私は思っています。参加者本人を気遣い、盛り上がる周りを気遣い、そして家族をも気遣う。

これらの人間関係を良くするための潤滑油でもありますね。気遣いと遊び心たっぷりの景品は例え飲み会が苦手でもそれだけで嬉しくなってしまいます。

それでは早速パターン別に進めていきましょう。

宴会で景品を渡すときの鉄則

宴会で参加者に景品をお渡しするシチュエーションは大きく分けて二つあります。

1.ゲーム等の賞品として贈られる場合
2.参加者全員に平等に贈られる場合

(送別会やお祝いの会などの特定の人に送られるものは景品というわけではないので今回は省かせていただきます)

今回はこの2パターンについて項目別にご紹介していきたいと思います。
そもそも何故、宴会に景品が必要なのでしょうか?

【もらう前】
宴会の「盛り上がり」にあります。
何か物が貰えるかもしれないとあらば場は否応なしに盛り上がります。結果、宴会の成功につながるわけです。

【もらった瞬間】
もうひとつは「多幸感」にあります。
人は物をもらうと幸せホルモンが分泌されます。何かいいものをもらった、いい思いをした時に分泌されるといわれています。

「○○君が幹事のときは何だかいいものが貰えるから行こうかな」

こう思わせたらしめたものです。
特に物を貰って幸せな気持ちになるのはどちらかといえば女性に多い傾向にあると思います。
あなたが幹事をする時に女性参加者が多くなれば、嬉しいと思いませんか?

【もらった後】
そしてもう一つ景品が果たす役割といえば「お土産」です。
家で家族が待っている方には特に言えることなのですが、飲み会に参加した配偶者がなにかお土産を持って帰ってきたら、待っていた方としても悪い気はしません。

むしろ飲み会行ってきてという空気になれば、次回も参加しやすくなります。家で待っている人へのお心遣いとして、景品を渡してみるのもよいでしょう。

【宴会】ゲーム勝者への賞品としての景品

景品の数

ビンゴゲームやクイズゲームなどの勝者に渡す景品としては少なくとも半数ぐらいには行き渡るように購入しましょう。あまり景品が少ないと盛り上がらない上にすぐに終ってしまいます。

安い景品も取り混ぜてたくさんの人に行き渡るように工夫をしましょう。
早く上がった人が目玉商品を持って行ってしまうとその後ゲームが盛り上がらなくなるので、できれば目玉商品がどれかわからなくする工夫をすると良いと思います。

宴会の景品にかけるお金

だいたい飲み食いの金額に一人500円から1000円ぐらいの上乗せが妥当な金額と言えます。
参加者40名ですと総額2万円から4万円ぐらいになりますね。
目玉商品を二つか三つ入れるとして、ハズレもいくつか作っておきましょう。

もちろん目玉商品は何があるかぐらいは公開したほうが盛り上がります。が、サプライズで目玉商品が出てくるという演出もありますのでそのあたりは幹事さんのお好みでいいでしょう。何がもらえるかわからないというのもドキドキを煽りますね。

そして宴会が開催される時期も考えてみましょう。ボーナス後、特に忘年会等冬のボーナス時期は参加者の皆さんのお財布が潤っていることが想定されます。したがってさらに会費を500円ぐらいプラスしてよい景品をたくさん入れるということをしても良いでしょう。(逆に新年会時期ですと、お年玉や年末年始の入用でお財布が軽くなっていることも考えられますので注意が必要です。)

宴会の景品を買うにあたってのタイムスケジュールと計画

勝者限定の宴会の景品はバリエーションが勝負です。したがって景品を揃えるのもたくさん店を回らなくてはならず時間がかかります。遅くとも一週間前の週末には全てを揃えておいたほうが安心です。その際いきあたりばったりで買い物に出かけるよりも、ある程度何を買うか決め、価格もチェックしてから出かけたほうが効率的ですし、宴会の景品のバランスも良くなります。

どういった景品がオススメか

宴会の後のスケジュールを考えて持って歩けるもの、軽いものが理想です。そうは言ってもあんまり小さいものばかりだと見栄えがよくないので、ある程度はかさばるものもあっても良さそうです。見栄えを気にする幹事さんであれば仰々しく大きな箱に入れられた小さなもの(商品券、ビール券など)を用意しておき、外箱は邪魔になるようなら即時幹事さんが回収するといった方法もあります。

生ものや温度管理が必要なものは基本的には避けましょう。どうしてもお渡ししたい場合は目録を作って後日商品をお渡しするという方法もあります。

ランク別景品(具体例)

定番の当たり景品の例です(3000円から5000円ぐらい)
・ドライヤー
・加湿器
・電動ハブラシ
・コーヒーメーカー
・トースター(ホットサンドメーカー)
・湯沸しポット
・カタログギフト
・イベント入場券
各種商品券(ビール券、百貨店やスーパー商品券、ハーゲンダッツ券、図書カード、スターバックスチャージ券、クオカード)など。
商品券の場合は有効期限を必ず確認してください。以前に某ドーナツショップのカードをプレゼントした際、1年で期限切れになり使えなくなってしまったことがありました。ビール券等も最近のものは有効期限が入っているのでお渡しするときに一言添えたほうが良いでしょう。

そこそこな当たり商品(500円から1000円ぐらい)
・お菓子詰め合わせ
・コーヒーや紅茶
・ドレッシング
・ジャム
・高級チョコレート
・はちみつ
・箸
・爪切り
・タオル
・文具

ハズレな商品 (100円程度)
・トイレットペーパー
・100均製品
・駄菓子
・洗剤
・サランラップやアルミホイル
・たわし
・ボールペンやシャーペン

景品にするべきではないNG景品
・生もの
・温度管理が必要なもの
・香水や柔軟剤など匂い製品(好みがわかれるため)
・性別や年齢を限定するもの
・アダルトグッズ

やはりゲームの景品には幹事さんのセンスが問われます。盛り上がるからといってアダルトグッズをチョイスしては論外です。(実際もらった人がいて大変お困りのようでした。)職場の空気にもよりますがデキる幹事を演出したいのであればできるだけ気の利いた品の良いものを選びたいですね。

参加者全員向けとしての景品

景品の数

これはもちろん全員分です。
不参加にしておいて突然行けるようになったという人や遠方の来賓等突然参加される方もあるかもしれませんので当日に買いに走れないような場所にあるものや、ネット通販を利用するなら余分に2~3個買っておいたほうがよさそうです。

景品にかけるお金

あまりお金をかけすぎると「景品は要らないから会費を安くして欲しい」という要望も出かねません。数百円から千円以下に抑えましょう。

しかし会費は4500円や5000円など、キリのよい金額にしたいところですね。
私が行った方法は会費を4500円にし、お店と交渉しました。「40名の宴会をする予定。予算は一人4200円で飲み放題をつけたい」と言うと、店側がこれを了承。

浮いた300円で美味しいと評判の食パンを人数分購入して参加者へのお土産としました。「翌日の朝ごはんになった」と言ってもらえたり「妻が喜んでいたよ」と言われたりして大変好評でした。

宴会で「○○円分の料理を」と希望できるお店は結構あるように思います。料理の質を落とさない程度に交渉してみてはいかがでしょうか。(値切るという方法もありますのでツワモノ幹事さんはチャレンジしてみてください)

景品を買うにあたってのタイムスケジュールと計画

こちらは全て同じものを買う前提なので直前でも問題はありません。むしろ早くに買ってしまった後に参加者が増減することもよくあります。在庫だけ確認しておいて実際に買うのは直前といったスケジュールを心がけましょう。

どういった景品がオススメか

大きさ的には手提げ袋に入るまでの景品が丁度よいかと思います。生ものや冷蔵品は避けるのはこちらも同じ。参加者へのプレゼントというよりは家で待っている家族のための心遣いという形の方が喜ばれるでしょう。そういった意味ではやはり飲食物がよいのではないでしょうか。

また、たまにお店が手土産を用意しているようなところもあります。お店オリジナルのドレッシングや佃煮、日持ちのするパウンドケーキなどです。こういったものを利用すれば店側にも喜ばれますし、買う手間も省けて一石二鳥です。ただ、在庫なでを持っていない場合もあるので必ず事前に確認をしておいてください。

ジャンル別景品具体例

食べ物
・ドレッシング
・佃煮
・パンやパウンドケーキ
・コーヒーや紅茶
・お茶
・お菓子の詰め合わせ
・お饅頭
・うどんやそば(日持ちのするもの)
・七味
・ラー油
・飴
・ウコンの力(これは飲み会前にお渡ししてもよさそうです)
雑貨
・ハンドソープ
・タオル
・入浴剤
・爪切り
・ハンドクリーム
・スプーンやフォーク
・箸
・栓抜きやコルク抜き
・文具

季節商品
・クリスマスグッズ
・ハロウィンのお菓子
・カレンダー
・お餅

全員に渡す際はなにかしら仕掛けがあっても面白いかもしれません。当たりをいくつか作っておくとか、「今日はありがとうございました」のメッセージを入れるとか。遊び心を持って参加者の皆さんをもっとドキドキさせてみてください。

まとめ

気遣いのできる幹事っぷりを認められれば社内の評価や人間関係も良好になります。
そのためには景品を利用しない手はありません。

そしてデキる名幹事と言われるためには景品一つをとってみても数多くのアイディアや仕掛けが必要です。他の幹事さんと差をつけるためにも是非いろいろなことにトライしてみて下さい。