【東京エリア】気軽にキャンプ体験!アウトドア欲を高めてくれる飲食店6選

コロナ禍でレジャー地や人ごみを避ける傾向の中、アウトドアが人気急上昇中。戸外で自然に囲まれ、のんびりした時間を過ごしながら焚き火やキャンプ飯を楽しんだ...

コロナ禍でレジャー地や人ごみを避ける傾向の中、アウトドアが人気急上昇中。戸外で自然に囲まれ、のんびりした時間を過ごしながら焚き火やキャンプ飯を楽しんだりと、子どもから大人まで誰もがその魅力に惹きつけられます。

しかしキャンプに必要な道具を全て揃えるのはなかなか大変なもので、初挑戦しようと思っている方は敷居が高く感じてしまうこともあるのではないでしょうか。

そこでまずはじめに、気軽にキャンプ体験できる「アウトドア」をコンセプトにした飲食店で、都内にいながらもアウトドアの雰囲気を味わってみませんか?キャンプを楽しみたいけれど忙しくて行けないという方へもおすすめです。

今回は、アウトドア欲を高めてくれるような、非日常的な体験ができるお店をご紹介します。

更新日:2021.5.20

初心者でも楽しめる!屋内で気軽にキャンプ気分を味わえるお店

Outdoor Cafe テント (アウトドア カフェ テント)〈江東区 木場〉


出典元:食べログ Outdoor Cafe テント

東京メトロ東西線「木場駅」から徒歩わずか1分と、好アクセスで辿り着く【Outdoor Cafeテント】。靴を脱いで入店すると開放感ある空間が広がります。ここでまず驚かされるのは、床一面に敷かれた人工芝。雰囲気だけでなく、感覚的にも楽しめるところがポイントです。
店内に用意されたチェアはアウトドア仕様で、居心地の良さは抜群。力を抜いてゆっくりくつろげます。屋内にいながらもアウトドア気分が味わえ、お子さん連れの親子でも充実した時間を過ごせる場所です。

こちらでは、親子で参加できるリトミックやキャンプ料理体験など各種イベントも随時開催。親子でキャンプを始めるきっかけに繋がりそうです。


出典元:食べログ Outdoor Cafe テント

【Outdoor Cafeテント】では、アメリカLODGE社のスキレットを使って料理を提供。厚切りステーキやアクアパッツァ、チキンソテーなどが熱々で堪能できます。スキレットを使ったスイーツメニューにはキャンプで定番の焼きマシュマロや特製パンケーキなど、試さずにはいられないメニューがそろいます。
ちなみにスキレットは店内でも販売されているので、気に入れば購入することも可能です。

◆店舗詳細

店舗名
 Outdoor Cafe テント (アウトドア カフェ テント)
電話番号
 03-5875-9560
住所
 東京都江東区木場2-18-14 SeePlace木場ANNEXビル 7F
アクセス
 東西線 木場駅3番出口から徒歩1分

詳細はこちら➔Outdoor Cafe テント

Cafe Hammock (カフェ ハンモック)〈三鷹市 三鷹駅〉


出典元:食べログ Cafe Hammock

三鷹駅から徒歩3分の場所にある【Cafe Hammock】は、隠れ家のようなカフェ。高い天井から吊られたハンモックが特徴です。店内にはテントも設置され、大人でもワクワク感じてしまうような空間が魅力。実際にハンモックにゆられながらのんびり過ごすことができます。店のコンセプトは「好きなことができる場所」。漫画や本が置かれた店内で自由な時間を過ごしたり食事や仲間との会話を楽しむのも。「また行きたい」と思えるような素敵なカフェです。

ここではアート展覧会や映画上映会など各種イベントもおこなわれ、プライベートパーティーの貸切りも可能です。趣向を凝らした演出を求めている方にもおすすめ。


出典元:食べログ Cafe Hammock

自慢の料理はスパイスの効いた手作りカレー。とろけそうな優しい味わいのお粥もおすすめ。デザートも手作りで奥深いメニューが充実しています。手作りケーキと合わせて楽しんでいただきたいのが、こだわりの自家焙煎珈琲。豊かな香り高い珈琲は、試してみる価値アリです。

◆店舗詳細

店舗名
 Cafe Hammock (カフェ ハンモック)
電話番号
 050-5457-5013
住所
 東京都三鷹市下連雀3-22-15 2F
アクセス
 中央総武線 三鷹駅南口から徒歩3分

詳細はこちらCafe Hammock

ワイルドなキャンプ飯を楽しめるお店

スノーピーク イート 昭島アウトドアヴィレッジ (Snow Peak Eat)〈昭島市 昭島駅〉


出典元:Snow Peak Eat公式HP

アウトドアの聖地とも言われている「昭島アウトドアヴィレッジ」内に店舗を構える【スノーピーク イート】。昭島駅から徒歩3分と駅からのアクセスも良く、周囲には数々のアウトドアショップが軒を連ねています。

ここはキャンパーの間でも有名なアウトドアブランド「スノーピーク」が手掛ける店で、提供される食器、チェアーやテーブルなどはスノーピーク製品を使用しているため手触り感や使い心地を実感できます。店内はスタイリッシュで開放感があり、運がよければ設置されたテント内で食事することも可能です。


出典元:食べログ Snow Peak Eat

【スノーピーク イート】のコンセプトは「野生の感覚」。野菜や肉、米、料理に使うものすべてにこだわりを持ち、素材の美味しさを「野生」の感覚で味わうというキャンプならではの食事の楽しみ方が特徴です。「今食べたい」と思う食材(牛・豚・鶏)と焼く・蒸す・煮るの中から好みの調理法を選択してオーダーするスタイルはまさにキャンプ飯気分。アウトドアの醍醐味を楽しめる、ちょっとしたテーマパークのようなお店。

◆店舗詳細

店舗名
 スノーピーク イート 昭島アウトドアヴィレッジ(Snow Peak Eat)
電話番号
 042-519-7686
住所
 東京都昭島市田中町610-4 モリパークアウトドアヴィレッジ
アクセス
 JR昭島駅 徒歩3分

詳細はこちら➔スノーピークイート 昭島アウトドアヴィレッジ

 

THE BANFF 自由が丘店(ザ バンフ)〈目黒区 自由が丘駅〉


出典元:食べログ THE BANFF 自由が丘店

自由が丘駅から徒歩3分、踏切近くにある建物の2階に店舗を構える【THE BANFF】。ログハウスのような造りになっている店内からは薪の香りを感じます。ここでは薪を使った豪快な肉料理が堪能でき、焚き火を囲んで美味しい食事を楽しみながらのんびり過ごす。まるでキャンプに訪れたかのような気分が味わえる場所です。


出典元:食べログ THE BANFF 自由が丘店

薪で焼き上げた肉は水分が含まれ風味良く仕上がります。家庭ではなかなか味わえない料理の数々は、キャンプ飯ならではのスペシャルメニュー。リブロースステーキにハラミのグリル、チキンのローストなど薪で仕上げた肉料理は絶品。ワイルドに肉を楽しみたい方へおすすめのお店です。ランチに人気の「ローストビーフ丼」は数量限定ですが、柔らかく食べ応えもアリ。「お冷」には黒烏龍茶が提供されるところも嬉しく、サービス精神が感じられます。

◆店舗詳細

店舗名
 THE BANFF 自由が丘店 (ザ バンフ)
電話番号
 050-5597-1990
住所
 東京都目黒区自由か丘1-8-1 南ビル 2F
アクセス
 東急東横線・大井町線 「自由が丘駅」南口より徒歩30秒
 東急目黒線 「奥沢駅」より徒歩5分

詳細はこちら➔THE BANFF 自由が丘店 (ザ バンフ)

 

グランピングや本格的なテントで食事ができるお店

ogawa GRAND lodge CAFE(オガワ グランド ロッジ カフェ)〈小平市 花小金井駅〉


出典元:HOT PEPPER ogawa GRAND lodge CAFE

客席がすべてテントの【ogawa GRAND lodge CAFE】は、屋内にいながらキャンプ気分が楽しめる貴重な場所。テント内で飲食ができるので、ちょっとした個室のような空間のなか、3密回避で隣を気にせずくつろぐことができます。

こちらは100年以上の歴史を持つ、テント専門の国産のメーカー「小川テント」直営のアウトドアカフェで、キャンプ気分をリアルに体験できるためテント購入を検討している方にもおすすめ。実際に山や森で過ごしたらどんな気分なのか、料理は何を作ってみたいか、といった会話も広がりそう。キャンプは敷居が高く諦めていた方も、テントで過ごす魅力にハマってしまうかも?


出典元:HOT PEPPER ogawa GRAND lodge CAFE

【ogawa GRAND lodge CAFE】では、サーロインステーキやスキレットを使ったパエリア、ハンバーグ、ロースト野菜などカジュアルなキャンプ飯がテント内で楽しめます。ドリンクメニューにあるお店手作りのクラフトコーラはぜひ味わってもらいたい一品。スタッフを呼ぶ際には「ランタンを点灯する」というユニークな方法を取り入れています。

◆店舗詳細

店舗名
 ogawa GRAND lodge CAFE(オガワ グランド ロッジ カフェ)
電話番号
 042-452-5367
住所 
 東京都小平市花小金井4-34-6-2F
アクセス
 西武新宿線 花小金井駅よりバスで5分 新青梅街道バス停下車2分

詳細はこちら➔ogawa GRAND lodge CAFE(オガワ グランド ロッジ カフェ)

 

QuOLaの庭(クオラノニワ)〈武蔵野市 武蔵境駅〉


出典元:ぐるなび QuOLaの庭

【QuOLaの庭(クオラノニワ)】は、武蔵境駅から徒歩1分とアクセス抜群。建物屋上にグランピングテントが設置されているバーベキュー施設です。人気急上昇中のグランピングテントは専用の宿泊施設も存在するほど。こちらでは各種プラン料理やバーベキューをグランピングテント内で楽しむことができます。子どもだけでなく大人も大喜びしてしまいそうな開放感抜群の特別な雰囲気で、テント内には空調設備も整い、暑い夏や寒い冬でも快適に過ごせます。


出典元:ぐるなび QuOLaの庭

食事のプランは大きく分けて2つあり、バーベキュー食材持ち込みプランと手ぶらでできるバーベキューやダッチオーブンを使用した料理などのプランから選ぶことができます。
持ち込みプランでは駅周辺に複数あるスーパーで購入しそのまま食材が持ち込めるので、車を利用しての持ち込みやクーラーボックスなど大がかりな準備の必要がありません。

キャンプで人気のバーベキューをグランピングテントで楽しめる贅沢な時間。思い出深い体験になりそうです。

◆店舗詳細

店舗名
 QuOLaの庭(クオラノニワ)
電話番号
 03-5875-9560
住所
 東京都江東区木場2-18-14 SeePlace木場ANNEXビル 7F
アクセス
 東西線 木場駅3番出口から徒歩1分

詳細はこちら➔QuOLaの庭(クオラノニワ)

まとめ

都内にある気軽にキャンプ体験ができる飲食店をご紹介しました。

今回ご紹介した飲食店は、アウトドア初心者の方から本格的なキャンパー、子連れファミリーやカップルなど幅広い層でどなたでも楽しむことができる、アウトドア欲を高めてくれるような素敵な場所です。

これからキャンプを始めてみたい方、興味のある方は、ワンステップとして一歩足を踏み入れてはどうでしょうか。感染症対策を万全にし、お出かけを楽しんでください。

※記載の内容は2021年5月20日現在に確認された情報を基に作成されたものです。

※各店舗の状況や新型コロナウイルスの状況に応じて内容が変更されている場合もございますので、予めご了承ください。
同様に、『お店の感染防止策紹介ページ』についても内容の変更やリンクが削除がされている場合がございますのでご留意ください。最新の状況について、詳しくは各店舗へお問い合わせください。